ねじり変形

ねじり変形ツール は、処理したピクセルをカーソルの中心でらせん状に回転します。

元のイメージ ねじり変形ツールの使用 ねじり変形ツールの使用
(画像上にマウスをのせると、元の写真が表示されます)

 

基本的なツールの設定は、イメージ ウィンドウの上のツールオプション パネル、または画像内を右クリックして確認できます。パラメーターの一覧を表示するには、ツールオプション パネルのアイコンをクリックするか、F5キーを使用します。パラメーター設定を変更する場合、パラメーター フィールドに数値を入力するか、スライダーを動かします。

    サイズ (設定可能範囲は 10-600):ブラシ サイズ

    硬さ (設定可能範囲は 0-100):輪郭線の柔らかさを調整します。この効果はブラシの中心部で最も強くなり、境界線でより明るくなります。値を上げるとブラシの境界部分での効果を強めます。

    強度 (設定可能範囲は 1-100):効果の強度を指定します。値が高いほど、変化の度合いは強くなります。

    比率の頻度 (設定可能範囲は 0-100):アプリケーション変形の頻度。

    時計回りチェックボックスを有効にすると、 時計回りにねじれ、無効にすると、反時計回りにねじれます。

 

[デフォルト]ボタンをクリックすると、すべての設定がデフォルトの値にレストアされます。