ぼかし効果

[ぼかし]コマンドを使用することで、画像全体もしくは一部をぼかしたり、鮮明度やノイズの量を調整したり、多様な効果を作成したりできます。

プログラムが提供するぼかしの種類:

 

ガウス:この方法を選択した場合、プログラムは隣接するポイントの値を考慮し、各ポイントの色要素 (赤、青、緑) を再計算します。その結果として、各ポイントの色が変化します。この計算はガウス分布がベースとなっており、そこから名前が付けられています。ガウスぼかしでは、色要素の値が平均化され、要素間のコントラストが弱まります。一般的な明るく/暗くする処理をせずに鮮明なエッジがぼかされ、イメージは薄暗くなります (曇ります)。

 

モーションぼかし:この方法は、カメラの直線的な動きを模倣します。

パラメーター:

 

放射状ぼかし: この種類もモーションを模倣します。モーションには 2種類あります。

 

スマートぼかし: ぼかしを正確に調整することができます。

 

表面ぼかし: エッジを維持しながら、画像をぼかします。

 

レンズぼかし: フィールドのより狭い範囲の深度を模倣することでぼかします。ぼかし領域のぼけ味効果を確認できます。

レンズぼかし レンズぼかし

アイリスぼかし効果は、画像内の特定のオブジェクトを強調し、それ以外をぼかします。ぼかし領域の光の点の形 (ぼけ味) を変えることができます。

アイリスぼかし アイリスぼかし

逆ティルト効果は、ミニチュアのような効果を与え、画像がおもちゃの世界のようになります。ぼかし領域の光の点の形 (ぼけ味) を変えることができます。

逆ティルト効果 逆ティルト効果

効果パラメーター (3つの効果に共通):

 

[固定されたプレビュー領域]チェックボックスがオンの場合、変更がすべて小さなプレビュー領域に表示されます。チェックボックスがオフの場合、イメージ ウィンドウに表示されている部分に変更が適用されます。

元の設定にレストアする場合は、[デフォルト]をクリックします。

[OK]をクリックすると、変更が画像に適用され、ダイアログボックスを閉じます。

[キャンセル]をクリックすると、変更を適用せずにダイアログボックスを閉じることができます。