ワークスペース

AliveColors は、詳細な画像編集、レタッチ、高品質画像補正、プロのような絵画だけでなく様式化された効果の作成も行うことができる、オールインワン グラフィック ソフトウェアです。

AliveColors 画像エディターのワークスペースについては、ビデオ チュートリアルもご覧ください。

AliveColors の起動方法

画像エディターが起動すると、以下のようなワークスペースが表示されます。

AliveColors 画像エディターのスタート画面 AliveColors 画像エディターのスタート画面

ウィンドウの中央の大部分がスタート画面となります。

画面の上部には、以下のコントロール ボタンが用意されています。

スタート画面の中央部分には、最近使用したドキュメントが一覧で表示されています。ドキュメントの表示は、サムネイル または一覧表示 から選択できます。

サムネイル表示の場合、サムネイルの大きさは、スタート画面上部にあるスライダーで調整することができます。

画像の隣りの ボタンをクリックすると、 に変わり、画像がリストに固定されますので他の画像を開いても見失うことはありません。ボタンをもう一度クリックすると、画像の固定が解除されます。

画像の隣りの ボタンをクリックすると、一覧から削除されます。

スタート画面の下部には、学習パネルがあり、エディターでの作業に関するビデオ チュートリアルへのリンクを探すことができます。

 

画像を開いた場合に表示されるワークスペース

AliveColors のワークスペース AliveColors のワークスペース

プログラム ウィンドウの要素

プログラムのウィンドウの大部分には、イメージ ウィンドウが表示されます。

複数の画像を同時に開くことも可能です。それぞれの画像は、イメージ ウィンドウ上部にあるそれぞれのタブ毎に表示されます。タブ名をクリックすることで、表示する画像を切り替えることができます。

画像タブ 画像タブ

画像タブの並びの右端には、以下のボタンが表示されています。

タブバーをクリックすると、利用可能なコマンドを含むコンテキストメニューが表示されます。

 

プログラム ウィンドウ上部には、以下のメニュー ボタンを含むコントロール パネルがあります。

 

コントロール パネルの下のツール オプション パネルには、アクティブなツールに関するパラメーターが表示されます。

移動ツールのオプション パネル 移動ツールのオプション パネル

ツールのオプション パネルには、そのツールの基本的なパラメーターが表示されます。すべてのパラメーターを表示するには、ツール オプションの左側にあるツール アイコンをクリックするか、イメージ ウィンドウ内を右クリックします。

 

ツール オプション パネルの右側には、次のアイコンが表示されます。

 

プログラムには、特定の機能を持つパネル (ナビゲーターツールバースウォッチ色相環履歴アクションレイヤーチャンネル選択ファイル情報) が用意されています。

選択した効果や調整レイヤーのパラメーターは、設定パネルに表示されます。

パネルの移動、結合、拡大/縮小、揃え、表示/非表示の切り替え等簡単に行うことができます。