切り取りツール

切り取り ツール を使ってイメージを切り取れます。不要領域を削除、ピントの補正、画像を長方形から正方形、またはその逆に切り取ることができます。クリックなしで、切り取りツールに切り換えるには、Cキーを使用します。

切り取り用のダイアログボックスを開くには、[画像]メニューの[切り取り]コマンドを使用します。

 

残す領域の選択は、マウスをクリックしたままドラッグして行います。イメージ上に長方形の枠が表示され、ツール オプション パネルにツールの設定が表示されます。

選択したツールで画像をクリックする際に、Ctrlキーを押すと、画像全体のまわりに切り取り枠が生成されます。

画像内に選択範囲が存在する場合、その選択範囲の周りに切り取り枠が自動で表示されます。

サイズの変更は、枠や角のマーカーをドラッグして行うことができます。比率を維持するには、Shiftキーを使用します。枠そのものを移動す場合は、カーソル を枠内に移動させ、クリック アンド ドラッグします。カーソルを中心に移動すると、カーソルの矢印と共に円が表示されます。 この場合、中心のみが移動可能です。

領域を回転するには、 フレーム外にカーソル を移動させ、マウスの左ボタンで移動させます。Altキーを押すと、5度刻みで回転が行われます。枠は、変形の中心を基点として回転します。

フレームが画像からはみ出した場合、はみ出した部分は透明な背景になります。

 

基本的なツールの設定は、イメージ ウィンドウの上のツール オプション パネルに表示されます。パラメーターの一覧を表示するには、ツール オプション パネルのアイコンをクリックするか。

ツールの設定:

ツールを適用して、フレーム外の部分を切り取るには、[OK]をクリックするか、Enterキーを使用します。切り取りをキャンセルする場合は、[キャンセル]をクリックするか、Escキーを使用します。