レイヤー マスク

マスクを使用して、レイヤーの一部を隠したり、効果を部分的に引き立たせたりできます。

マスク レイヤーを作成する最も簡単な方法は、[レイヤー]パネルの ボタンをクリックすることです。

マスクの作成

マスクを作成するには、[レイヤー]メニューの[レイヤー マスク]からアイテムを選びます。

すべてのメニュー コマンドは、[レイヤー]パネルを右クリックして表示されるメニューからも利用できます。

ペイントツールを使用して、マスクを編集できます。[レイヤー]パネルのマスクを選択するには、サムネイルをクリックします。黒を使用すると不透明なマスクに、白を使用すると透明なマスクに、そして他の色を使用すると半透明なマスクになります。

デフォルトの設定により、マスクは、アクティブなレイヤーにリンク付けされます。レイヤーとマスクのリンク付けのキャンセルや再構築は、サムネイル間の / を使用するか、[レイヤー]メニューの[レイヤー マスク] > [リンク解除/リンク付け]コマンドを選択します。リンクを解除すると、マスクをレイヤーから切り離し、移動させることができます。

マスクを別のレイヤーに移動させる場合は、カーソルを使用してドラッグします。Shift+Altキー (Mac の場合は、+Optionsキー) を使用すると、アクティブなマスクは、選択したレイヤーにコピーされます。

マスクを削除するには、サムネイルを選択し、 ボタンをクリックするか、[レイヤー]メニューの[レイヤー] > [レイヤー マスク] > [削除] コマンドを選択します。

マスクを無効/有効にするには、マスクが含まれているレイヤーを選択し、[レイヤー]メニューの[レイヤー マスク] > [有効/無効にする]を選択します。マスクが無効になっている場合、サムネイル上に "X" が表示され、レイヤーのコンテンツもマスク効果の影響を受けることなく表示されます。

マスクが無効

選択範囲にマスクを追加するには、サムネイルを右クリックし、[レイヤー]または[チャンネル]パネルにあるいずれかのコマンドから1つ選択します。

マスクをレイヤーに適用するには、[レイヤー]メニューの[レイヤー マスク] > [適用]を選択します (ラスター レイヤーのみ)。コマンドを選択すると、レイヤー内の隠されていた部分が透明になります。

 

マスクの表示モードは、[チャンネル]パネルで変更できます。マスク チャンネルの右に表示されるアイコンをクリックして、ドロップダウン メニューから表示モードを選択します。

マスクのエッジを調整するには、[選択]メニューの[エッジの微調整]機能を使用できます。